読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deeper & Deeper

深く、深く。

DPPとLightroom

Canonユーザーの多くはAdobeのPhotoshop Lightroomか純正のDigital Photo ProfessionalかでRAW現像をしていると思うので、ちょっと比較してみた。

無加工で比較

DPP オート

f:id:ot0rip604:20161111230751j:plain

たぶん普通にオートで撮ったらこうなるはず。若干彩度高め。

Lightroom CanonStandard

f:id:ot0rip604:20161111230755j:plain

普段現像していると分からないけれど、こう比べると結構違う。ちょっと青いかなという印象。


DPP スタンダード

f:id:ot0rip604:20161111230749j:plain

見た目に一番近いのかもしれない。

Lightroom AdobeStandard

f:id:ot0rip604:20161111230753j:plain

LrでRAWを読み込むとなんかくすんだ色になる……という原因がキャリブレーションのAdobeStandard。彩度が落ちてシャドウが微妙に上がる感じ?

空の色はDPPが好き


DPP

f:id:ot0rip604:20161111230752j:plain

Lr

f:id:ot0rip604:20161111230756j:plain

これはLrの方が好き。


好みな感じで現像してみてどちらがより好きか比べる。

レタッチして比較

DPP

f:id:ot0rip604:20161111230750j:plain

Lr

f:id:ot0rip604:20161111230754j:plain

ほぼ同じ時間帯に現像したので似ているけどLrの方が当初のイメージに近い。


結論

何もしなければDPPの方が現実に近いけれど、「記憶色」の再現という点ではLrの方がやりやすい。なによりUIが使いやすい。そして軽い。

画質についてはDPPの方が良いと聞いたことがあるけれど、正直それほど分からなかった。そもそも画質にこだわるならばレタッチしないほうが

広告を非表示にする