読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deeper & Deeper

深く、深く。

すわたび! ~下社木落坂編~ お蕎麦もあるよ

f:id:ot0rip604:20161127174156j:plain

毎回アイキャッチ作るのって大変ですね……。



今回の地図


万治の石仏に別れを告げ、春宮横の坂を上っていきます。

まずは富士山チャレンジ。昨日よりは多少くっきりしている?のか、わずかに輪郭が見えます。


↑昨日


下社木落坂

着きました。

道中はひたすら自転車を漕いでいたので残念ながら写真はありません(-"-)

長野県の鳥獣保護区の看板とか撮っとけばよかった……。

電動アシストがあったので楽でしたが、それでも15分ほどかかりました。

うーんいい天気だ。手前を流れているのは「万治の石仏編」でも出てきた砥川です。

しかし境内とは比べ物にならない坂です。ほんとに急こう配。

これぐらいの斜面です。(なるべく水平に持って撮ったつもり)

こんな坂を御柱に乗って落ちるんだからそりゃすごいでしょう。


ここも諏訪大社

これだけだとただの斜面ですが、神聖な場所であることを示す祠が。

比較的新しそうな小祠です。ここも御柱が無いですね。

ちなみに坂は立ち入り禁止になっています。

坂の上にそびえる木。光る雲を背負って神々しく。

個人的な話ですが

多分ここでクイックシュー水準器を落とした。草むらの中にまだ落ちているかもしれません。

新しいのを買った*1のでもう不要ですが。

ホットシューカバー型水準器 デジタル一眼レフ用アクセサリー

ホットシューカバー型水準器 デジタル一眼レフ用アクセサリー

もし拾った方いらっしゃれば差し上げます。一応。


さて帰ろう

自転車の返却予定を二時間後にしていたので、そろそろ帰ります。

今まで登って来た道が左の中山道(国道142号)、右の「湖北トンネル」があるのも142号です。バイパスかな?

道中見つけた山の神。ご丁寧に山之神と書かれているのでそこそこ大きい方かもしれない。

ここは御柱にも「山之神社〇之御柱」と書かれています。鳥居は笠木のない簡易鳥居ですが。

浮島社にもありましたが、こういう鳥居は東北地方のイメージがあります。なんでだろう。

春宮のすぐ裏の交差点。ここから木落坂まで2.3kmと書かれています。

ちなみに上に登っていくと「水月公園」。桜と諏訪湖が一緒に見られるスポットらしいです。

春宮の南西の方にある「おんばしら館よいさ」。諏訪に数ある資料館のうち御柱に特化した?場所です。あいにくの休館日。

砥川。台風接近を忘れるほどいい天気です。


お昼はせっかくだから「信州そば」で!

諏訪に来たんだから諏訪のものも食べておかないと!

諏訪……というより長野と言えば信州そばです。

秋宮のすぐ前にあるお蕎麦屋さん「山猫亭」。

メニューはこんな感じ。


f:id:ot0rip604:20161129184927j:plain

グルメ漫画風に。最初から蕎麦尽くしです。

f:id:ot0rip604:20161129184928j:plain

来ました、信州そば(ざるそば)!

f:id:ot0rip604:20161129184929j:plain

つゆに薬味を入れていただきます(* ̄  ̄)人

コシがあっておいしかったです。


そして最後に……

f:id:ot0rip604:20161129184930j:plain

そば湯!

最近は健康のため飲む人も多いと聞いたような聞いてないような(曖昧)

余ったつゆに温かいそば湯を入れて頂きます。


最初から最後までとても香ばしい昼食でした。わさびも本場っぽかったです。


さて、次回はいよいよ上諏訪に進撃します。乞うご期待!

*1:後また落としたのでもう一度買った

広告を非表示にする